ホーム > 鉄のフライパン Q&A

鉄のフライパン Q&A

鉄のフライパンについて、これまでにご質問いただいた内容をまとめました。
ご購入、ご使用の際の参考にお読み下さい。その他ご不明点などがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。
→ お問い合わせフォームへ


フライパンのお手入れ

初めて使用するときは、フライパンを火にかけ、温まったら多めの油(底面全体に行きわたる程度、大さじ約3杯)をひき、十分になじませます。余った油はオイルポットに戻してください。
・使いはじめの1ヶ月程度は、ご使用の前に下記の「油ならし」を行うことで、フライパンに油がなじみ、焦げ付きにくくなります。
 使用した後は、フライパンが熱いうちに汚れをペーパータオルなどで拭きとってください。その後、タワシやササラなどで水洗いし、よく乾かしてから保管します。汚れがついたまま放置すると、サビや穴開きの原因となります。
・汚れが落ちないときは、金属タワシなどでこすって汚れを落とします。その後、薄く油を塗って保管します。


油ならしの方法



フライパンを火にかけ、十分に加熱します。
多めの油(底面全体に行きわたる程度、大さじ約3杯)を入れ、なじませながら弱火で3分程度熱し、煙がわずかに上がったら火を止め、油をオイルポットに戻します。
キッチンペーパーを使い、刷り込むように拭き取ります。


お手入れ Q&A

ー調理についてー

Q、揚げ物をしても、問題はないでしょうか。
はい、問題有りません。天ぷらなどの揚げ物には24cm深型をおすすめしております。使用後は油を別の容器に移したら、洗剤は使わずお湯でさっと流しキッチンペーパー等で拭くくらいが一番良いと思います。

Q、ステーキ等のお肉を焼くときに外側をカリッと仕上げたいと思っています。深型の24cmでは焼き物には不向きでしょうか?
深型の24cmは、平らな面積が16cmから17cm程度あります。焼き物から炒め物あるいは揚げ物までこなせる万能サイズと考えています。

Q、肉がくっつき、油断すると焦げ付きがでます。どうすれば、使いこなせるでしょうか?
FDSTYLE 鉄のフライパンだけでなく、鉄製のフライパンは油が馴染めば驚くほど使いやすくなる、使い続けて育てていくという特長があります。
ただし、上手に使う為のポイントがいくつかあります。火力を調整する事と油を上手に使うことがポイントです。十分に予熱して油を回し、油煙が上がるくらいで材料を入れる感じです。また、金属ターナーを使う事もお勧めします。鉄は丈夫なので金属ターナー等で遠慮なくフライパンと食材の間に入れ、焦げの美味しさも上手に取り込んでください。
調理によって一概ではありませんが、鉄のフライパンは丈夫ですから多少の事では使えなくなることはありません。油を馴染ませ上手に使い熟していただければ一生使い続けられる道具になります。

Q、フライパンに具材がくっつきます。何か使うときの温度とかうまく使いこなす秘訣はありますか?
中火で充分に温めてから油を入れて全体になじませ、油煙が少し出てきたところで具材を入れる事がポイントです。調理中の火力は弱火でも充分です。(調理器具によります)
また「油ならし」をするとくっつきにくくなり、より上手にお使いいただけます。
調理後はタワシやササラなどで汚れをしっかり落とし、できれば洗剤を使わず洗ってください。これはフライパン表面に油をなじませておく為です。洗剤などでしっかり洗った場合は、その後「油ならし」をしていただければ問題ありません。調理中くっついてしまったときは、濡れふきん等を用いてフライパンの温度を下げてあげると剥がれやすくなります。一般的に普及しているフッ素樹脂のフライパンを使ってきた方は、火力を強めで調理される方が多いように思います。火力にお気をつけください。

Q、FDSTYLE 鉄のフライパンは「油ならし」を行わなくて良いのでしょうか?
FD STYLE 鉄フライパンは表面にOXYNIT加工(窒化+酸化被膜)を施しているので通常の鉄フライパンより錆びに強いという特長があります。また、家庭日用品検査センターにて「焦げ付きにくい」という結果が出ています。ただし、料理により効果が実感できない場合もございます。(炭水化物の多い、麺類やごはん類は焦げ付きがちです)
上手にお使い頂く為に「油ならし」をしてこげ付きにくくすることをお勧めしています。
上手に油が馴染めば(洗剤等で)油を切らさない限り毎回「油ならし」をする必要ありません。汚れやこげてしまった際は洗剤を使い汚れを落とし乾燥させてから、「油ならし」をおこなう事をお勧めします。

Q、フライパンの表面に小さな穴ができてしまいました…
フライパン表面の穴は「孔食」という腐食現象だと思われます。
使用後に調理したものを入れたままにしないでください。特に塩分の強いものにはご注意ください。また洗剤などでしっかり洗った場合は、保管前に薄く油を塗ってください。

Q、IH(電磁)調理器で使用することはできますか?また注意することはありますか?
はい、IH・ガス火の両方で使用することができます。ただし、安全に使用していただくために注意点があります。IH調理器は接する底だけに熱が発生します。そして中央部分に熱が集中するため側面との温度差が生じ、熱膨張により底面が変形することがあります。底を平らに直すことは困難ですのでご注意ください。また、IH調理器を使用の際はいきなり温度を【強】にしたり、【空焚き】したりすることはご遠慮ください。変形などの原因となります。


OXYNIT(オキシナイト)加工について

Q、口に入った場合など、人体に害はないのでしょうか?
全くありません。OXYNIT加工は「窒化処理」+「酸化被膜」を施した加工法です。
窒化処理:表面を硬化させる加工です。窒素は空気の78%占める素材です。鉄を加熱して表面に窒素を浸透させ硬化させます。刃物の焼入れに似ていますが、再加熱しても、窒化の効果は持続します。金属ターナーなども遠慮なくお使いいただけます。
酸化皮膜:スチーム処理を行い酸化被膜を人工的に発生させる加工です。四三酸化鉄とも言い、これにより極めて錆びにくくなります。四三酸化鉄は古くから鉄のフラオパンを製造する過程で、錆を防ぐために用いられてきたものです。


お手入れについて

Q、洗剤は控えめに(または使わず)とありますが、なぜでしょうか?使用後に洗剤を使って洗っても構わないでしょうか?
錆びる場合があるからです。
FD STYLE 鉄フライパンは表面にOXYNIT加工(窒化+酸化被膜)を施しているので通常の鉄フライパンより錆びに強いという特長がありますが、鉄製なので洗剤で油を取って片付けてしまうと錆びる事が考えられます。調理後は洗剤を使わず、タワシやササラで汚れを落としてください。ただし、フライパンに付いた汚れはしっかり落としてください。
洗剤などでしっかり洗った場合は、その後「油ならし」をしていただければ問題ありません。油を切らさない事で次に使うときに油なじみが良く使いやすい道具になります。
また、他の金属と重ねて収納しておくと「貰い錆び」が移ることがあります。加工面に別の金属が触れているのは望ましくないでしょう。無加工のアルミのフライパンやステンレス多層鋼のフライパンであれば問題ないと思います。ですが基本的には「異種」金属同士が触れ合う事はあまりよく無いと思います。


その他

Q、使用前なのですが、フライパンの外側に焼きムラのようなものがあります
フライパンの出荷時は、フライパン外面も中面(内側)と同じようにキレイな状態です。ただお客様のお手元に届くまでに外面と不織布が接することで、色ムラ、シミのようなものができると思われます。使用上問題はございませんので、すべて良品とさせていただいています。
どうしても気になる方はサラダ油をキッチンペーパー等に含み、外面に薄く拭いていただくと、フライパン中面(内側)と同じようにきれいになります。

Q、ハンドルががたつきます。
ハンドルは使っているうちにボルトが緩んでがたつく場合があります。後ろのネジをドライバーで時計周りに締め込むと改善します。

Q、ハンドルの柄が傷んだ場合修理できますか?
傷んでしまった場合は修理することができます。弊社までお問合せください。
(ハンドルは竹の集成材を使っています。竹は正確には木では無く草ですが、竹べらに使われるように水に強くキッチンで使う事に適した素材です)

Q、取っ手の竹には塗装などしていますか?
塗装しています。保護の為に塗装をしています。
竹自体は水に強い(そのまま木べら等に使われている)素材ですが、集成材の為、ささくれ等が発生して手を傷つけてしまう恐れがあるため、塗装しています。竹は本来、木というより草に近く成長が早いので伐採しても自然に負荷が少ない素材です。

Q、フライパンの内径を教えてください。

Q、どちらで製造されているのか教えてください。
新潟県三条市にあるプリンス工業株式会社で製造しています。
新潟県の百年物語という商品開発プログラムの2011年卯年モデルとして開発しバリエーション展開しています。 「百年物語」